店舗経営に役立つ支援を利用して独立開業しよう

ビジネスに必要なシステムや商品の情報

費用面

POSシステムの導入に必要な費用について

販売実績を効率的に管理するためには、レジスタを導入する事で果たされてきました。それが最近ではパソコンと連動するタイプが増えています。ネットワークケーブルで接続する事で、パソコンの計算機能をフル活用した管理業務を実現するための仕組みです。 POSと呼ばれる販売実績管理システムは、人件費の削減に大きく貢献しています。結果を整理する業務を疎かにしてしまったら、未来の指針を決定する事はできないからです。 しかし導入には後ろ向きなユーザーが存在しています。POSシステムが便利である事は間違いありませんが、導入や維持に出費を求められるからです。市販されているPOSシステムの価格は、数十万円から数百万円と言われています。

パッケージ製品とクラウドタイプの価格差について

POSシステムの価格差が大きい理由は、ソフトウェアの性能面もありますが他にも理由があります。それはシステムの利用方法が異なるからです。従来のPOSシステムはデータディスクをドライブに挿入して、インストール作業を完了する事で利用していました。それは所有権を獲得できるため、維持費用を最小限に抑える効果があります。しかしメーカーの回収できる機会が減ってしまうため、販売価格を高めに設定しなければならないという欠点がありました。 そのウイークポイントを打ち消したのは、クラウドと呼ばれる技術が確立されたからです。クラウドは継続的にユーザーが課金する事で、最新版のソフトウェアを利用できます。常にお金を徴収できる仕組みであるため、導入の際に無理して回収する必要がありません。